TOWA OSHIMA official web site

■漫画家・大島永遠の仕事情報・近況■

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いろいろ。

ヤングガンガン本日発売です!
郵便物転送の関係でまだ見本がこちらに届いていないので、後ほどNEWSに画像あげますね。
(…とか予告しといてヤンジャンもサンデーGXもまだあげてない…!すいません。後でまとめて。)

今回は合コン編の後編ですー。
引っ越し準備でメチャメチャな中、相方と死にかけながら描きました。

旧居での最後の仕事が同棲レシピ。
そういえば、旧居で最初の仕事も同棲レシピでした。しかも第1回。
(雑誌掲載時は別タイトルの読み切りでした。
その時はそのまま連載になるなんて思ってもいなかった。)

思えば、私の旧居での暮らしは同棲レシピで始まって、同棲レシピで終わったんだなぁ。




以下、ちょっとセンチメンタル入ったドリーミング&ポエミーな思い出話に突入な予感なのでスルー推奨。










先月30日、旧居の引渡し&立会い日。

「引き渡しまでに感謝を込めて部屋中ピカピカに磨き上げて、夜中に何もない部屋で感謝の祝杯あげちゃおうか」
…なんて話もしてたのに、結局忙しくてそんなイベントもできないまま当日になってしまいました。
最後の最後で薄情な借り主だったなぁ。ごめん、家。

4年前、相方と一目惚れして即決で借りた家。
建物の1階でちょっと湿度高かったけど、古い建物でメンテナンスに手がかかったりしたけど、それもまた愛しくて、「しゃーねーなー、一緒にがんばろーぜ」って感じで楽しく手入れした思い出の家。


久しぶりに入る旧居はがらんとして、音が無機質に響いて、ほんの10日前まで自分ちだったはずなのに、今は突き放されてるような感じ。

もうここへ「ただいま」って帰ることはないんだな、と思うと寂しくて、「いっそ引っ越しやめちゃおうか」とか「宝くじ当ててこの家を買えないだろうか」とか、非現実的でバカな考えが頭をよぎります。

加えて、次にこの家を誰か他人が借りることを考えただけで、かなり嫉妬心がメラメラと(笑)

別れ際になって、「この家のこと愛してたんだなぁ…」と改めて実感してみたり。
家探しと恋愛は似てるってどこかで読んだけど、まさにそれ。

まあ、それくらい思い入れ&思い出が詰まった家でした。


コミックハイが休刊して、「今しか時間がない!」と勢いで引っ越しを決めて、
なんとなく「来年から忙しくなるから今準備しておかないと」と、根拠のない変な予感がずっとあって、入念に入念に仕事環境を整えまくりました。

その直後女子高生アニメ化の知らせ、「メルカノ。」と「同棲レシピ」の連載開始。

そこからはめちゃめちゃ密度の濃い四年間でした。
仕事頑張ったり、頑張りすぎて倒れたり、たくさんの人と出会ったり別れたり。

辛いことも楽しいことも含め、
人生の大事な時期の大切な時間を、あの家で過ごしました。
持ち家じゃなかったけど、この四年の間は確かに「私の家」でした。


新居とはまだ出会ったばかりで、どんな奴なのかお互い様子見の段階。
でも絶対仲良くなれる気がする。

あれほど愛してた旧居と別れて、新たに付き合おうと決めた相手だから。


………………………………………………………………………………………

ちなみに私はこんなポエマーな自分の内面を、他人はおろか相方にすら見せたことはありません(笑)


(永遠)

| 未分類 | 02:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT